無料ダイエットアプリ「あすけん」本音レビュー★

自宅用筋トレベンチおすすめポイントは3つ!「角度調整」「折りたたみ」あとひとつは?

こんにちは、筋トレ大好きなるけんです!

「筋トレ女子」という言葉が定着するぐらい、筋トレがダイエットやボディメイク、健康目的で、老若男女に普及してますよね。

なるけんも、週3~4日ほど、自宅で筋トレしています。

自宅で筋トレするために、YouTen(ユーテン)BARWING(バーウィング)3WAYデクラインベンチを購入。

トレーニングベンチを選ぶポイントは、

  1. 「ローラーつき」
  2. 「折りたたみ式」
  3. 「角度調整あり」
の3つが大切!

なるけん

2か月以上使ってますが、ローラーと折りたたみ機能、角度調整機能がついていてホントによかった!と感じています。

ローラーなど3つの機能は、私にとって、筋トレに挫折せず、モチベーション維持に効果大!

本記事では、自宅用筋トレベンチの3つのおすすめポイントを「ローラーつき」「折りたたみ式」「角度調整あり」にしてよかったと感じたレビューをまとめました。

記事の後半では、3つの機能が搭載されたトレーニングベンチをピックアップしましたので、ベンチ選びの参考にしてくださいね。

本記事の内容

    自宅用筋トレベンチのおすすめポイント

  • ローラーつきにしてよかった理由
  • 折りたたみ式にしてよかった理由
  • 角度調整つきにしてよかった理由
  • 「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」がついたトレーニングベンチ
MEMO
「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」の3つの機能がすべて実装されているトレーニングベンチは、意外と少ないので、ベンチ選びの参考になれるようにまとめておきました。

まずはじめに、自宅用筋トレベンチで、ローラーつきがおすすめだと感じた理由から解説していきます。

自宅用筋トレベンチは、ローラーつきがおすすめ

筋肥大を目指すなら、自宅トレ用ベンチは、ローラーつきがおすすめ。

筋肉を限界まで追い込むための時間を上手に使えたり、筋トレのモチベーション維持に役立ちます。

ローラーつきベンチで、インターバルを有効に使おう

筋肥大に重要なのは、限界近くまで筋肉を追い込むこと。ギリギリまで筋肉を追い込むには、インターバルを上手く使わなくてはいけません。

本格的に自宅でトレーニングを始めてわかったんですが、筋トレしていて、ベンチを動かしたいと思う場面は意外と多い

私は限られたスペースで筋トレしているので、ダンベルフライなど、両手を広げるトレーニングは、ある程度の広さが必要です。

そんなとき、ローラーがついていると片手でスーッと移動が可能。筋肉に余計な負荷を与えません。

ローラーつき筋トレベンチなら、筋トレのモチベーション維持も!

すぐ片づけられるというメリットは、筋トレのモチベーション維持に深く関わっています。

なるけん

トレーニングで筋肉を限界まで追い込んだ経験がある方は、想像できると思うんですが、トレーニングによって筋肉をギリギリまで追い込んだら、腕がだるくて上がらないぐらいになりませんか?

シャンプーするのも一苦労なときも珍しくありません。

ただでさえ腕がだるいのに、毎回ベンチの収納にストレスを感じていたら、筋トレを継続するモチベーションが下がってしまいます。

そんな時、ベンチにローラーがついていると、収納スペースまで運ぶのも、片手でラクラク。限界まで筋肉を追い込んだ後でも、片付けが苦になりません。

片手で動かせます。

いつでも筋トレでフルパワーを出し切るには、片付けなどのストレスを極力減らすことが、パフォーマンスの向上につながります。

▼育毛剤Web売上日本一のシャンプー▼

自宅トレ用ベンチを、折りたたみ式にしてよかった理由

自宅トレ用にベンチを選ぶ際は、折りたたみ機能のついたベンチがおすすめ。

理由は単純。折りたたみ機能がついていると、収納するスペースが省スペース化できるからです。

反対に、折りたたみ機能がついていないと、どうしてもベンチの脚の部分が出っ張って邪魔になりますよね。

掃除するときも、折りたたんで壁に立てかけておけば、かなり省スペース。お掃除が捗ります。

ちなみに、YouTen BARWING 3WAYデクラインベンチなら、折りたたんだ状態でローラーで転がして移動させることができますよ!

省スペース!折りたたんだ状態で動かせます!

▼高タンパク低カロリーな宅配フード▼

自宅トレ用ベンチを、角度調整つきにしてよかった理由

効果的に筋トレをしたいなら、角度調整機能つきが断然おすすめ!

特に、筋トレ初心者の方ほど、角度調整機能のついたベンチにした方がいいと思っています。

しかも、できるだけ細かく角度調節できるベンチがおすすめ。

細かく角度を調整できるベンチは、

  • 筋肥大できるポイントをつかみやすい
  • トレーニングのバリエーションが増えるので、筋トレを飽きずに継続しやすい
というメリットがあります。

筋トレ上級者になるころには、筋肥大させるフォームも分かっているので、フラットベンチでも効果的に活用して筋トレに励むことができますが、筋トレ初心者は、そうはいきません。

筋トレ初心者の頃は「正しいフォームで筋トレできるようになりたい」、または、「狙った筋肉を筋肥大させたい」という手探りな状態のはず。

そんなときこそ、角度調整ができるベンチが大活躍!いろんなトレーニングを試して、「このトレーニング、けっこう効いてるかも!」と感じることが、筋トレの楽しさにつながります。

フラットベンチに比べて角度調整がついたベンチは、機能が充実している分お値段が上がりますが、筋トレのコツをつかむまでは先行投資も必要。

なるけん

ボディメイクや健康的な運動は、継続することが何より大事。筋トレが継続できて、なりたいボディを日々作れるなら、数千円を投資する価値は十分あります。
MEMO
自宅トレ用ベンチは、角度調整つきだと、狙った筋肉にピンポイントに筋トレができるので、筋トレ効果が上がります!

「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」がついたトレーニングベンチ

一口にトレーニングベンチといっても、実にさまざま。いろんな会社がたくさんの種類のベンチを商販売しており、価格も1万円以下~3万円以上するものまで幅広く、目移りすると思います。

各社とも、折りたたみ機能と角度調整はついているベンチが多い反面、ローラー(キャスター)までついているベンチは意外と少ないので、「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」がついたトレーニングベンチを5つまとめました

注意
ここからご紹介するベンチの価格は、すべてAmazon販売ページで調べた価格(2019年10月24日現在)になります。公式HPの価格と異なりますので、あらかじめご了承ください。

YouTen BARWING 3WAYデクラインベンチ

出典:Amazon

私が購入したYouTen BARWING 3WAYデクラインベンチです。

「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」はもちろん実装しています。

  • 背面8段階調節
  • 座面4段階調節
  • デクライン可
  • 耐荷重300kg
  • 折りたたみ可能
  • ハンドル付きで、ドラゴンフラッグ可能
  • ほぼ完成品なので、組み立て2か所のみの超カンタン

価格:11,800円

なるけん

機能がすごく充実してるのに、お値段が11,800円と、とってもリーズナブル!

パイプが太く、しっかりした作りなので、安定感がある上に、ローラーつきなのでラクラク移動。

口コミ評価では、「コスパが高い!」「これ1台で十分!」と、ほとんど高評価なのもおすすめポイントです!

JX FITNESSのマルチウェイトベンチ

出典:Amazon

  • 背面5段階調節
  • 座面2段階調節
  • デクライン可
  • 耐荷重約199kg(440ポンド)
  • 折りたたみ可能
  • ダンベルラックつき
  • レッグプレースあり

価格:8,295円

先ほどの、YouTen BARWING 3WAYデクラインベンチに比べ、角度調整が少なく、耐荷重量も低くなります

背面シートの角度は、直角付近まで上がらないので、ショルダープレスは、背もたれがない状態でしかできません。

ダンベルで高負荷のトレーニングもできなくもないですが、シットアップベンチのイメージに近いです。

Vanswe インクラインベンチ トレーニングベンチ

出典:Amazon

  • 背面6段階調節
  • 座面調節はできません
  • デクライン可
  • 耐荷重300kg
  • 折りたたみ可能

価格:6,880円

価格は、お求めやすい価格帯ですが、座面調節ができないのが残念ポイント

MEMO
座面調節ができないと、インクライン時に滑り落ちやすくなるので、足で体を支えなければならなくなり、こうなると上半身のトレーニングに集中しずらいのです。

YouTen BARWING 3WAYデクラインベンチと同じく、フラット・インクライン・デクラインの3WAYに対応しているベンチは少ないので、3WAYのトレーニングができるのはGOOD。

IROTEC(アイロテック) マルチパーパスフォールディングベンチ

出典:Amazon

  • 背面4段階調節
  • 座面調節はできません
  • デクライン可
  • 耐荷重 -
  • 折りたたみ可能
  • 組み立て不要

価格:29,700円

これまでご紹介したベンチよりも、価格が上がります。

Amazonで探しても「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」を兼ね備えたベンチは、それぐらい少ないんですよ。

3番目にご紹介したVansweのベンチと同じく、座面調節ができないタイプ

しかし、Vansweと違うのは、足を引っかけられるフットレストのようなバーがついています。

耐荷重量の記載が見当たりませんでしたが、IROTEC(アイロテック)公式HPでは、こちらのベンチとバーベルラックのセット販売の紹介があったことや、見た感じのパイプの太さも丈夫そうなので、高重量でも耐えれそうなイメージ(ご購入されるときは、メーカーにご確認をお願いします)。

組み立て不要なベンチは、めずらしいです。

IROTEC(アイロテック) マルチポジションベンチHPM

出典:Amazon

  • 背面7段階調節
  • 座面調節:背面角度に合わせて自動調整
  • デクライン可
  • 耐荷重 -
  • 折りたたみ不可
  • レッグカール・エクステンション対応
  • レッグカール・エクステンション用ハンドルつき

価格:47,850円

ついに4万円越え。ですが、こちらの商品のみ、レッグカールやレッグエクステンションなど、上半身だけでなく、足のトレーニングも可能。ポジションハンドルもついているので、トレーニングポジションをしっかりとキープできます。

折りたたみは出来ませんが、ホームジムとして、かなり高機能なベンチです。

MEMO
大腿筋は、体の筋肉の中でも大きな部類に入るので、足のトレーニングはシェイプアップにも効果大。

デザインも高級感があり、かなりオシャレですね。

【追記】BARWING 4WAY アジャスタブルベンチ

私が購入したYouTen BARWING 3WAYデクラインベンチの上位版が発売になりました。

出典:Amazon

  • 背面10段階調節
  • 座面5段階調節
  • デクライン可
  • 耐荷重200kg
  • 折りたたみ可能
  • フットレスト高さ4段階調節
  • フットレスト角度2段階
  • ドラゴンフラッグもできるハンドルつき
  • ISO9001認定工場で生産

価格:8,780円

4WAYに進化しました!

これ以上コスパのいいトレーニングベンチがあるんでしょうか?

私が購入したYouTen BARWING 3WAYデクラインベンチも、大満足の商品でしたが、こちらはさらに上位版。
フットレストがついて、シットアップベンチの機能もプラスされ、その上価格が安いので、コスパがかなり高くなります

MEMO
耐荷重量が200kgになりますが、体重70kgの方が120kgのバーベルのトレーニング重量に耐えられるということなので、耐荷重量が200kgもあれば十分かと。

背面10段階調節、座面5段階調節もできるので、お気に入りの角度でトレーニングに励むことができます。

トレーニングベンチで迷っているなら、充実機能満載のBARWING 4WAY アジャスタブルベンチがおすすめ!

ベンチ 背面調節 座面調節 デクライン 耐荷重量 折りたたみ 備考 価格
YouTen 3WAY 8段階 4段階 300kg 機能満載でリーズナブル! 11,800円
JX 5段階 2段階 199kg(440ポンド) ダンベルラックつき 8,295円
Vanswe 6段階 × 300kg お求めやすい価格 6,880円
IROTEC 4段階 × 組み立て不要 29,700円
IROTEC 7段階 自動調整 × レッグカール可 47,850円
YouTen 4WAY 10段階 5段階 200kg 4WAYでコスパ高い! 8,780円

まとめ|自宅用筋トレベンチは「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」つきがおすすめ!

自宅用に筋トレベンチをお探しなら、私の経験上「ローラー」「折りたたみ」「角度調整」つきがおすすめです!

短時間で効率的にトレーニングをして、モテモテボディを手に入れましょう!

なりたい自分になるけんね!

なるけんでした!

自宅でプロの指導

SOELU

SOELU

Wakutech Co., Ltd無料posted withアプリーチ

公式SOELU公式ホームページ

こちらもチェック

【おすすめ筋トレベンチ】コスパがすごい!YouTen BARWING 3WAYデクライントレーニングベンチ|自宅で狙った筋肉を追い込もう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です